投稿者: s_nakamura

UberEATS 定額制導入

消費者側が支払うデリバリー手数料が月額980円固定となるプランが発表されたようです。

もともと、店舗側は利益が出にくいデリバリー代行プラットフォームですが、配送料の負担が、されに店舗側という方にシフトしているような印象を受けますので、より店舗側は重負担という事も予想も。

アップデートのお知らせ

受注ビューアを使いやすくアップデートしました。ブラウザで再読み込みをしていただくと、新バージョンに切り替わります。

新バージョンの変更点は、以下となります

  • 予約注文がグリーンで表示されるようになりました。
  • 未確認のオーダーが点滅するようになりました。
  • 新着のオーダーを確認するまで、音が鳴り続けるようになりました。
  • 受注、配達などのボタンを長押し操作に変更しました。

テイクアウトで課金は、しません。

コロナ禍の影響で、テイクアウトをネット注文できるというアプリやサービスが増えていますが、だいたいは現在無料、後で課金というタイプですが、DELI-HOLICは、課金しません。

理由があります。

プラットフォーマー(デリバリー代行や、グルメサイトなど)の強みというのは、そのお店の商圏の外から、お客さんを連れてこれるという事ですから、お店の商圏の中は、お店に手数料を請求するというのは、違うのではという発想です。

サポートプラン追加しました。

各種機能のバージョンアップと共に、要望の多かった有償サポートプランを追加しました。

有料サポートプランの追加

1マーチャント 月額 3,980円(税別) お問い合わせ

機能の追加・変更

  • 各種バクフィックスを行いました。
  • カード決済(スクエア)への接続を簡単にしました。
  • 時間帯限定メニューをテイクアウト・デリバリーで予約注文出来る機能を追加しました。
  • アップロードした表示画像の品質を改善しました。
  • デリバリー配送料の固定額に対応しました。

Ver 1.0 リリース

コロナ禍の影響で一般営業できなくなり、もともと自分たちの為に作ったシステムですが、良くできていたため、多くの人に使ってもらえたらいいと、一般に使えるように作り直していたら、思ったより時間がかりました。

コロナ禍による一過性の問題ではなく、そもそも、日本のビッグマックは、タイやペルーより安い訳で、現代日本の外食は、極端に利益が出ない産業です。

この先、デリバリーやテイクアウトといった中食に成長期待が寄っているなかで、とても役に立つツールだと思います。

DELI-HOLIC Powerd by BTD STUDIO